無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

私たちに出来ること

東北・関東を襲った巨大地震。

津波の被害や原発事故などで農業に大打撃を与え、飽食の時代といわれる今、食べるものに困っている人々が大勢いる。

世界中では、食べるものがなく命を落とす子ども達が多数いるにも係わらず、食料の約60%をのものを輸入に頼る反面、約2,000万トンもの食べ物を無駄にしてきた日本。

現代の『食』のあり方を見つめ直せとの警告のようにも思える。

このような危機的状況のなか、西日本では普段と変わらぬ日常生活を送ることが出来ている。これこそが幸せな時間なのだと改めて感じた。

今日行われたあるイベントでの出来事。

差し出されたジュースを「おいしくないからいらない」と、残そうとしていた子ども達がいた。高学年の彼女たちに、東日本での現状を考えさせると、自分たちの言動を反省し、きちんと飲み干した。

小さなことかもしれない。

しかし、小さなことでも一人ひとりが自分の行動を見直すことが、今の私たちに出来ることではないのだろうか。

                 

『さいさいきて屋行ってみたいけど道がわからんのよ~

ってお困りのアナタ

Chokubai←コチラのロゴマークにさいさいきて屋までのMapリンクを貼っておきますね

ロゴマークをポチッっとクリックして確認してくださいね~

電話でのお問い合わせは0898-33-3131までお気軽にお問合せください

               

『さいさいきて屋行ってみたいけど、いかんせん遠すぎて…

ってお困りのアナタにはコチラ

Title_2 ←コチラのネットショップバナーに、さいさいネットショップへのリンクを貼っておきますので、ぜひぜひクリックしてのぞいて行って下さいね

                 

被災地への募金にご協力を!!

3月 11 日に発生した「東北地方太平洋沖地震」により被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

さいさいきて屋では、被災された方々の支援と、被災地の一日でも早い復興を願い、私たちに出来る事を!との思いで、支援物資の提供や募金活動を行っています。

募金箱は、直売所内のレジ付近と、サッカー台に備えていますので、皆さまのあたたかいご支援をお願い申し上げます。

尚、皆さまの善意によりいただいた募金は、被災者救援に活用されるよう、全国農業協同組合中央会を通じ、全額寄付いたします。

              

『さいさいきて屋行ってみたいけど道がわからんのよ~

ってお困りのアナタ

Chokubai←コチラのロゴマークにさいさいきて屋までのMapリンクを貼っておきますね

ロゴマークをポチッっとクリックして確認してくださいね~

電話でのお問い合わせは0898-33-3131までお気軽にお問合せください

               

『さいさいきて屋行ってみたいけど、いかんせん遠すぎて…

ってお困りのアナタにはコチラ

Title_2 ←コチラのネットショップバナーに、さいさいネットショップへのリンクを貼っておきますので、ぜひぜひクリックしてのぞいて行って下さいね

                 

春がきた!

ここ数日、また冬の寒さが戻ってきましたが、さいさいきて屋の店内ではだんだんと春の訪れを感じられるようになりました

今朝の店内には、春の初物が出荷されていました

ふきのとうや菜の花を始めとし、土筆が顔を見せるようになり、とうとう筍もお目見えです

1

「春には苦味を盛れ」という、言い伝えがあります。

これは、春が旬のふきのとうやぜんまい、筍、菜の花などに含まれている苦味成分が、冬の間に体に溜まってしまった毒素を排出する働きがあるからだと言われているからなのです。

本能的に、体に必要なものとそうでないものを区別できる子どもたちって、新陳代謝が良いから、体に毒が溜まらないから苦味のある春野菜って苦手なのでしょうか

春の味覚で、体の中からすっきり元気になりましょう

ここで一つ、「春を告げる山菜」と呼ばれ、栄養素の高い食材として重宝されているふきのとうを使った【ふきみそ】の簡単な作り方をお伝えします

【材料】

ふきのとう    4~5個

みそ        大さじ2

砂糖        小さじ1

みりん       大さじ1

酒          大さじ1

【作り方】

① ふきのとうはよく洗い、たっぷりの熱湯で3分程度茹で、水にさらしてアク抜きをする。

② 材料のみそ・砂糖・みりん・酒を鍋で軽く煮立て、刻んだふきのとうを混ぜ合わせる。

その他にも、旬の食材を使ったレシピを店内に常設していますので、ご利用くださいね

                

『さいさいきて屋行ってみたいけど道がわからんのよ~

ってお困りのアナタ

Chokubai←コチラのロゴマークにさいさいきて屋までのMapリンクを貼っておきますね

ロゴマークをポチッっとクリックして確認してくださいね~

電話でのお問い合わせは0898-33-3131までお気軽にお問合せください

               

『さいさいきて屋行ってみたいけど、いかんせん遠すぎて…

ってお困りのアナタにはコチラ

Title_2 ←コチラのネットショップバナーに、さいさいネットショップへのリンクを貼っておきますので、ぜひぜひクリックしてのぞいて行って下さいね

                 

簡単手作りな1品

ある方たちと出会い、市販の冷凍食品を使わない食事・弁当作りを始めて約3年。

4月に長女が高校生となり、毎日の弁当作りが始まった。

料理の苦手な私にとってはかなりの負担

栄養バランスの整った献立なんて考えられない。

食事・弁当、全て完璧にするのには無理がある。

そんな時、半歩先から始める事を教わり、出来ることから実践した。

旬の野菜を中心に、大豆や卵を使う。肉や魚は少なめに。。。

お弁当箱の空いたスペースは、ミニトマトやブロッコリーで埋める。

これで彩りはOK

あとは、咀嚼回数を気にしながら、毎日の食事をすれば免疫力も上がるはず

サプリメントや予防注射など必要ない。

この2年、インフルエンザが大流行しようとも、我が家には感染者なし。

風邪をひいてもすぐ治るようになった

今日は、次女の小学校生活最後の遠足。

お弁当のおかずに何を入れようかと迷っていたら、さいさいきて屋の従業員さんが子どもの喜ぶ、簡単一品を教えてくれた。

【ほうれん草とジャガイモのチーズ焼き】

今朝、早速、挑戦してみましたよ

Photo_2

① ジャガイモを縦半分にし、薄切りにして、塩茹でする。

② ほうれん草をゆがき、適当な長さに切る。

   (お弁当用のカップに入れるので、短めにしました。)

③ カップに①と②を入れ、マヨネーズをかけ、とろけるチーズをのせて、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼く。

っても、簡単に作れますので、忙しい兼業主婦の方、是非お試しくださいね

                 

『さいさいきて屋行ってみたいけど道がわからんのよ~

ってお困りのアナタ

Chokubai←コチラのロゴマークにさいさいきて屋までのMapリンクを貼っておきますね

ロゴマークをポチッっとクリックして確認してくださいね~

電話でのお問い合わせは0898-33-3131までお気軽にお問合せください

               

『さいさいきて屋行ってみたいけど、いかんせん遠すぎて…

ってお困りのアナタにはコチラ

Title_2 ←コチラのネットショップバナーに、さいさいネットショップへのリンクを貼っておきますので、ぜひぜひクリックしてのぞいて行って下さいね

                 

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31