無料ブログはココログ

トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

続!ピザ窯製作過程公開~!!

こんにちは~さいさいきて屋ですbud

昨日の記事に引き続きスタッフ手作りピザ窯『SAISAI窯』の製作過程を公開しま~すgood

Photo_16昨日の記事では、窯口ができて本体に取り掛かったところで力尽きてwobblyしまいましたので、さっそく続きから紹介したいと思いますhappy01

ここから先はドーム状にレンガを積んでいくことになるので、強度UPupのためにまたまたクサビの登場です。(→写真参照) Photo_18

クサビを詰めて耐火モルタルを押し込むように塗りこむ作業を繰り返していくと、どうしてもレンガを割ったり削ったりしないといけなくなりますpoutガテン系作業ですねrockでもがんばって割ったり削ったりしたレンガが隙間にパチッとハマればガッツポーズものですよ~happy02

どうしても上から下に力がかかってしまうので、下のレンガが上のレンガを支えるように積み上げていくと、しっかりしたものができるんだろうな~fujiってことに気づいたのは3段目あたりでしたsweat01後の祭り~shockみなさんは気をつけてくださいね(笑)

Photo_6 こつこつこつこつやっていくと、SAISAI窯も無事に最後の1ピースを迎えることが出来ましたnote最後の力を振り絞って割ったレンガがハマったときは不覚にも涙でそうに…weep

靴はどろどろsad手はしわしわdespairでも、やりきった~crying

無事にレンガをつみ終えたら、蓄熱性・断熱性を高めるために耐火モルタルで全体を厚めにお化粧して、そのまま乾燥してあとは火を入れるだけですsign03

ここで、こつこつ作業を見守ってくれていた人たちから、またまた質問の嵐thundersign03「木枠(通称:肉まん)はどうするんぞ?はずせんのやないんか?」、答えは燃やしてしまうimpactでした~happy01なんせ窯ですからsign03

Photo_9 ってことで緊張の初火入れです。

成功をひたすら信じている人bearing・木枠がなくなったら崩れるんやないかと心配する人coldsweats01・ひそかにくずれたら笑ろてやろ~と企む人pout・いろんな人に見守られながら木枠に火をつけました。

結果的には、崩れたりせずに木枠だけきれいに燃えて大成功upup

お休みの日に手伝ってくれたSくん・Jさん・Hちゃんありがとね~happy02無事にできたよ~sun

やっとできあがった窯ですが、実際にピザが焼けることを見るまで(焼けたピザを食べるまで?)なかなかみんなに信じてもらえずcoldsweats01、みんなの信用を勝ち取るために試運転してみましたimpact

Photo_11薪は、さいさいきて屋がいつもいつもお世話になっているもりともさんにお願いして分けてもらいましたxmasはっきりいって石窯のデキを握っているのは薪ですsign03(きっぱりsign03sign03sign03)いい薪が手に入らないと石窯の温度を上げるのに時間はかかるし、薪が燃え尽きるのが早いから、いっぱい燃やさないといけなくてお金はかかるし、大変なことになりますshock

その点もりともさんの薪は最高~happy02みんな炎を立てて燃えるもりともさんの薪にうっとりlovely

夜に試運転したのであまりに雰囲気がよすぎて夜の営業もしたいな~wineとか妄想がふくらむいっぽうcatface

Photo_13肝心のピザはカンカンに熱くなった窯に入瞬間からみるみる焼ける焼ける、ちょっと気を抜くとあっという間に焦げるほどですsign03

個人的には目標300℃まで窯の温度をあげるsign03ってみんなに豪語して無理やろ~って言われてたんですが、SAISAICAFEのシェフも300℃太鼓判でしたscissors

石窯で焼いたピザはめちゃくちゃうまいですよlovelysign03sign03

これは早くみなさんに食べてもらわないとheart01ってあ~でもないこ~でもないと試行錯誤してますbud楽しみにお待ちくださいねwinkPhoto_14

ピザ窯製作過程公開~!!

こんにちは~さいさいきて屋ですbud

先日のSaisaikidsの記事でも紹介しました、スタッフの思いがぎっしりつまったピザ窯『SAISAI窯』ですが、Kidsイベント当日も、窯から煙cloudがモクモクPhoto_7 と立ち上っていてかなり目に付いたためか、たくさんのお客様から「これなんですか?」・「なにを焼いてるんですか?」と声をかけていただきましたhappy01

中には「自分でも作ってみたいと思いよったんよ~」・「どうやって作ったん?」って言葉もありましたので、参考になるかどうかわかりませんけど、製作過程を公開しちゃいますwrench

まず材料ですが、シンプルに耐火レンガと耐火モルタルsign01基本的にこれだけですcoldsweats01

SAISAI窯はあわよくば移動式にしてイベント会場に動かしてやろうsmileという欲張りなコンセプトなのでパレットの上に製作してます、パレットが熱で溶けてしまわないように断熱材として石膏ボードを一枚はさんでますけど、あとは耐火レンガと耐火モルタルのみの潔さgood

では早速sign03まず土台作りですねsign01

Photo_9 写真のようにパレットの上に石膏ボードを敷き詰めて固定しまして、その上にレンガを積んでいきます。熱によるパレットへのダメージimpactへの不安があったので、耐火レンガの製作元に問い合わせてみたりして、レンガ横積みの上にレンガ縦積みの2段(6cm+11cm)で形成しました。さらに一段目は等間隔に隙間を空けて積み、熱の逃げ道を作ってみました。Photo_15

レンガに耐火モルタルを塗って積んでトンカチで叩いて調節をこつこつ繰り返して土台完成ですhappy01

次は、窯口の製作にとりかかりましたwrench

Photo_26 窯口の位置を決めたら、半円に切った板2枚を使って、アーチ型になるように半分に割ったレンガを積んでいきます。

レンガを半分に割るには、割りたいところにレンガタガネ(ホームセンターで500円くらいで売ってます)とトンカチをつかって線状のキズをぐるりと一周つけてから、レンガタガネを垂直にして、力をこめて叩くと、突然パカッときれいに割れますよpencilPhoto_20

角度が大きいのでレンガの間にクサビとして石かなんかを挟んで、強度を上げてからモルタルを詰め込むように塗りこんで窯口完成ですup

続いて窯の本体に着工ですsign03

Photo_30 本体はドーム型にしたかったので、ベニヤ板を切って貼ってして、ドーム型の木枠を作りました(通称:肉まん笑)この木枠に沿ってレンガを積んでドームにする作戦ですsmile

お店の裏で夜な夜なこつこつ製作してたら、肉まんができたあたりから、直売所に出荷してる人や出入りしている業者さんやいろんな人に「いったい何を作りよるんぞ?」と質問の嵐がthunderそりゃそうですよね~肉まん怪しいっすもん(笑)

で、先に出来上がっている窯口に肉まんをセットしてから、肉まんに沿ってレンガを積みます。Photo_32

簡単な煙突も作って、完成した姿を妄想しながらコツコツコツコツ、積んでは塗りこみ、積んでは塗りこみ、地道にコツコツ作業ですねwrench

文章も長くなって写真も増えてきたので、続きはまた後日UPしますねhappy01

それではまた~dash

saisaikids倶楽部(サイサイキッズ倶楽部)2008開園!

Photo_4こんばんわ~さいさいきて屋ですsign01

今日はさいさいきて屋の年間イベントのひとつ『SaiSaiKids倶楽部2008』の開園の日ですclover

SaiSaiKids倶楽部というのは、子供たちに実際に農業を体験してもらいながら、今治の風土のこと、食べ物のこと、環境のことについてお勉強してもらおうという体験スクールのことですpencil(去年の活動報告はコチラ

さいさいきて屋でも、農協が食育問題に取り組まなくてどこが取り組むんだsign01って熱い気持ちで、愛媛県職員と今治市職員とがっちりスクラムを組んで子供たちと向き合ってます。

Photo_10今日はときおり小雨sprinkleのぱらつくあいにくのお天気でしたが、田植えとサツマイモの苗を一生懸命植えてくれましたbud 

みんなで稲を育てて収穫して食べるriceballという体験をすることでいつも食べているお米やお野菜が、実は一生懸命作ってる農家さんのおかげなんだよ~ってことに気づいてくれたらうれしいですねhappy01

来月にはみんなで植えた苗の成長を見ながら、田んぼのまわりに住んでいる生き物たちの調査をする予定ですfish

Photo_12 それからもうひとつのイベントsign01『今治で採れる野菜でPIZZAを焼いて食べてもらいたいsign01』と、うちのスタッフが夜な夜な手作りしたピザ窯が、今日のkids倶楽部でお披露目されることになりましたhappy02(製作過程はまた後日UPしますね)

Photo_14薪でガンガンに熱した石窯に、お母さんとお子さんと2人でピザを送り込んで焼いてもらいましたgoodうまく窯にピザを送り込むことができたら周りから拍手の嵐sign03

やっぱり自分で焼いたPIZZAの味は格別よね~upみんないい顔して食べてました。Photo_18

いい思い出になってくれたらいいな~って思いますclover

合鴨の雛がやってきました!

こんにちは~さいさいきてやですbud

愛媛県今治市吉海町で合鴨農法に挑戦する農家さんのお宅に旅立つ予定の合鴨ちゃんがさいさいきて屋にやってきましたcloverResize0019

ふだん合鴨の雛なんて見ることできないのでスタッフ一同「かわいい~happy02」ってものすごい興奮状態にupup

合鴨ちゃんたち(10羽くらいいた)は極度におびえてダンボール箱のすみっこに集まってパニック状態にshockdowndownどうしても触ってみたくて1羽捕まえてしまいましたhappy01ふわふわで気持ちいい~catfaceでもちょっとかわいそうなことをしたかなthink

元気に田んぼで害虫をやっつけてくれてる姿を想像すると、かわいいのにやるな~って思っちゃいました。

Resize0020 ついでなんですけど、これなんだかわかりますsign02

さといもなんです~budさといもをお水を張ったトレーに入れとくだけでこんなかわいいはっぱが出でくるんです。まさに生命の塊ですよね~sun

観葉植物にクワズイモってありますけどあのはっぱとそっくりhappy01でも見慣れたさといもから生えてくるとなんとも親しみとか愛着とかわいちゃいますよねlovely

みなさんもやってみてくださいなbudすごく癒されますよ。

はじめまして!!

はじめまして今治の地域農業に密着した農産物直売所さいさいきて屋ですsign03

毎日毎日明けても暮れてもカフェの新商品birthdaysign01農業体験イベントbudsign03イベント資材の大工作業だwrenchsign03と考えて創り出してますhappy01

そんな日々のどたばたsweat01を紹介していけたらと思いますfoot

お楽しみに~good

トップページ | 2008年7月 »

最近のトラックバック

2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30